スピリチュアル: 瞑想録

記事一覧

ルドラ・グランティが詰まっている [スピリチュアル: 瞑想録]
世界を受け入れる時に魔が現れる [スピリチュアル: 瞑想録]
慈悲から慈愛へ、慈愛から純粋な神の愛へ [スピリチュアル: 瞑想録]
空性も顕現も同じ、というのは霊的な目においては自明のこと [スピリチュアル: 瞑想録]
胸と喉のエネルギーの通りが更に良くなる [スピリチュアル: 瞑想録]
強欲な者の偽善に同意してはいけない [スピリチュアル: 瞑想録]
ワンネスの意識の人が増えればコントロールする社会は自壊する [スピリチュアル: 瞑想録]
自分が奉仕しても良いという許可を自分の内面から与えられる [スピリチュアル: 瞑想録]
スピリチュアルな奉仕活動 [スピリチュアル: 瞑想録]
奉仕の気持ちが高まってくる [スピリチュアル: 瞑想録]
奉仕活動がそもそも不要な社会を目指す [スピリチュアル: 瞑想録]
自然に奉仕の気持ちが湧き上がってくる [スピリチュアル: 瞑想録]
カバラ十字の結界を張って空間や自分の周囲を浄化する [スピリチュアル: 瞑想録]
スピリチュアルは理解と実践の繰り返し [スピリチュアル: 瞑想録]
残っている優越意識を取り除くと性欲とトラウマの解消が一層進む [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想でゾーンから無、静寂の境地からハイヤーセルフに至る階梯 [スピリチュアル: 瞑想録]
無の境地に浸ることを許さないナーダ音の顕現 [スピリチュアル: 瞑想録]
ゾーンと無の境地を超えたサマーディ(観察)状態 [スピリチュアル: 瞑想録]
ゾーンと淡い至福の先にある無の境地 [スピリチュアル: 瞑想録]
ゾーンの歓喜を超えて平静の無の境地へ [スピリチュアル: 瞑想録]
未だ感情の領域を卒業していない魂は真理を理論・理解、のように認識する [スピリチュアル: 瞑想録]
仕事を喜びに満ちて遂行するのがスピリチュアルの基本 [スピリチュアル: 瞑想録]
神様の愛というのは本当の愛のみであり、理屈の愛ではない [スピリチュアル: 瞑想録]
グランティ(結節)の場所の諸説 [スピリチュアル: 瞑想録]
波動の階層が上がると一般人の欲望に疎くなる [スピリチュアル: 瞑想録]
トラウマへの囚われからほぼほぼ解消される [スピリチュアル: 瞑想録]
きつい修行をすればするほどエゴが肥大化してしまう人たち [スピリチュアル: 瞑想録]
流派のヒエラルキーに組み込まれると悟りにくくなる [スピリチュアル: 瞑想録]
クンダリーニの上昇によるオーラの眉間への集中 [スピリチュアル: 瞑想録]
人混みの中で、「ザ・ワールド」の感覚になる [スピリチュアル: 瞑想録]
ヴィシュッダが活性化してから食べ物に影響されにくくなった [スピリチュアル: 瞑想録]
悪というのは自我が自分だと勘違いするが故に発生する [スピリチュアル: 瞑想録]
ぐっすりと深く快適に清々しく心地良く眠る [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想中に頭の中で銃音と共にパリンと割れる [スピリチュアル: 瞑想録]
天から雲の隙間に陽の光が射すように「世界を救え」と皆に呼びかけている [スピリチュアル: 瞑想録]
ヴィシュッダは段階的に開いてきた [スピリチュアル: 瞑想録]
喉のエネルギーの詰まりが解消された後の経過観察 [スピリチュアル: 瞑想録]
集中のゾーンで歓喜を感じて仕事やスポーツをするのが基本 [スピリチュアル: 瞑想録]
喉のグランティが解けてサマーディが容易になる [スピリチュアル: 瞑想録]
体の中のエネルギーの結び目(グランティ)を繋ぐ [スピリチュアル: 瞑想録]
小難しいこと考えずに感謝だけしていても良い [スピリチュアル: 瞑想録]
対象のない信仰心こそが本物 [スピリチュアル: 瞑想録]
スピリチュアルな直感は受動と能動とがある [スピリチュアル: 瞑想録]
スピリチュアルで他人の心を読むより愛に生きた方が良い [スピリチュアル: 瞑想録]
幽体離脱のスピリチュアルでは真実が見抜きにくい [スピリチュアル: 瞑想録]
神と人間は離れていない [スピリチュアル: 瞑想録]
特に何もなくても、ただ愛を感じて愛を発する [スピリチュアル: 瞑想録]
肉食は怒りを蓄積する [スピリチュアル: 瞑想録]
自己正当化せずに肯定する [スピリチュアル: 瞑想録]
普段の生活そのものに幸せを感じる [スピリチュアル: 瞑想録]
肉体あるいは心の否定で真我に辿り着く [スピリチュアル: 瞑想録]
ジーヴァとしての私がアートマンに包まれている [スピリチュアル: 瞑想録]
エゴ(自我)を愛で包むのは結果であって行動や手段ではない [スピリチュアル: 瞑想録]
エゴを愛で包むとエゴ(自我)とハイヤーセルフが協調する [スピリチュアル: 瞑想録]
溢れ出る感謝の気持ちがエゴを包み込む [スピリチュアル: 瞑想録]
未来は基本的に見なくて良いけれど [スピリチュアル: 瞑想録]
感謝、であってもまだ外側かもしれない [スピリチュアル: 瞑想録]
執着と楽しみを区別する [スピリチュアル: 瞑想録]
スピリチュアルの原体験がある人とない人 [スピリチュアル: 瞑想録]
様々な階層の守護霊による助け [スピリチュアル: 瞑想録]
知るものと知られるものと知の区別のない状態 [スピリチュアル: 瞑想録]
サマーディの状態では自己の行動の面が観察される [スピリチュアル: 瞑想録]
頭の真ん中が詰まっているとぼおっとする [スピリチュアル: 瞑想録]
サマーディから見た視点がヴェーダンタの「理解」 [スピリチュアル: 瞑想録]
体は意志の力である程度は変えられる [スピリチュアル: 瞑想録]
流派によって多少解釈が異なるようにも見える不二一元論 [スピリチュアル: 瞑想録]
インドのヴェーダンタは二元論を基にして一元論を説く [スピリチュアル: 瞑想録]
相対的なジーヴァとしての自分と絶対的なアートマン [スピリチュアル: 瞑想録]
スワミ(僧侶)になって悟りに近づく [スピリチュアル: 瞑想録]
正義の御旗を忘れない [スピリチュアル: 瞑想録]
欲望に身を投じるか、欲望から離れるか、その二択 [スピリチュアル: 瞑想録]
仏教などが言っている先祖供養より現世の人間関係を大切にする方が良い [スピリチュアル: 瞑想録]
あの世のコミュニティのサポートでこの世の苦労を乗り越える [スピリチュアル: 瞑想録]
女性は、男性に強く愛されると悟りに近づく [スピリチュアル: 瞑想録]
欲望の渦で心を満たすより瞑想で心を穏やかにする方が100倍幸せ [スピリチュアル: 瞑想録]
神は必ずしも悟っていない [スピリチュアル: 瞑想録]
何世代もスピリチュアルな修行をして成長する [スピリチュアル: 瞑想録]
密儀参入は何故秘密にされるのが [スピリチュアル: 瞑想録]
ヨーガの瞑想はマントラを唱えすぎて自我が強くなる(ように見えることがある) [スピリチュアル: 瞑想録]
道元の時代の天台本覚論とインドのヴェーダンタ [スピリチュアル: 瞑想録]
密儀参入(イニシエーション)をいつ行うか [スピリチュアル: 瞑想録]
ハートの観察はアジナが清浄ならよく見える [スピリチュアル: 瞑想録]
ハートに意識を下ろすことで観察の状態になる [スピリチュアル: 瞑想録]
妻の本当の性格を確かめるためにタイムラインを遡る [スピリチュアル: 瞑想録]
静寂の境地と感謝との合一 [スピリチュアル: 瞑想録]
ありがたい、ただそれだけ [スピリチュアル: 瞑想録]
シバナンダは神智学だった? [スピリチュアル: 瞑想録]
一気に静寂の境地に至るのか徐々に至るのか [スピリチュアル: 瞑想録]
静寂の境地でエネルギーが高まった時に識別をする [スピリチュアル: 瞑想録]
他人の心の声を聞いたとしても鵜呑みにしない [スピリチュアル: 瞑想録]
できるのは、集合意識を現実化させること [スピリチュアル: 瞑想録]
良い願いも悪い願いも均等に叶う [スピリチュアル: 瞑想録]
怨念と浮遊霊は割と同じように認識される [スピリチュアル: 瞑想録]
スピリチュアルな方法で知ったことを現実で確かめることの大切さ [スピリチュアル: 瞑想録]
結婚相手との将来が見えたとして、それでも結婚するのかどうか [スピリチュアル: 瞑想録]
この思いが天に届けと願いを捧げる [スピリチュアル: 瞑想録]
愛の瞑想がより安定する [スピリチュアル: 瞑想録]
光の柱が私の前寄りに半重なりになって立っている [スピリチュアル: 瞑想録]
スピリチュアルなカウンセリングで裏を取る [スピリチュアル: 瞑想録]
感情をサハスララで昇華する [スピリチュアル: 瞑想録]
オーラの体が脱皮するかのように膨張する [スピリチュアル: 瞑想録]
ライトワーカーが覚醒すると幽体が動き出す [スピリチュアル: 瞑想録]
愛が広がって地球の悲しみと混合すると慈悲になる [スピリチュアル: 瞑想録]
子供の頃は毎日が楽しくて感謝と喜びに満ちていた [スピリチュアル: 瞑想録]
魂の消滅は「わび・さび」の儚さ [スピリチュアル: 瞑想録]
死後の世界の視界の広さ [スピリチュアル: 瞑想録]
世の中の完璧さの認知と自身の悟りの特別感は反比例する [スピリチュアル: 瞑想録]
低い慈悲から感謝へ、そして高い慈悲へ [スピリチュアル: 瞑想録]
覚醒だとか悟りだとかの大半は気のせい [スピリチュアル: 瞑想録]
魂を消滅させて無に返す火の儀式 [スピリチュアル: 瞑想録]
感謝が一つの解だが感謝だけしていれば良いわけでもない [スピリチュアル: 瞑想録]
スピリチュアルに限らず不倫はしない方が良い [スピリチュアル: 瞑想録]
ベジタリアンの食事と禁欲 [スピリチュアル: 瞑想録]
禁欲は静寂の境地の基礎になる [スピリチュアル: 瞑想録]
ヨーガのパンチャコーシャ(5つの鞘)に基づくスピリチュアルの階梯 [スピリチュアル: 瞑想録]
サハスララにオーラを集めるまでとその後のお話 [スピリチュアル: 瞑想録]
神智学ではブッディが至福と愛に相当 [スピリチュアル: 瞑想録]
サハスララより更に意識が広がるには感謝が有効 [スピリチュアル: 瞑想録]
1日の中で惨めな自分に戻る時間の長さ [スピリチュアル: 瞑想録]
感謝を伝えれば伝えるほど眉間にエネルギーが集まる [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想の集中ポイントとエネルギーの流入点 [スピリチュアル: 瞑想録]
感謝と満足がある時、悟りを求める思いすらも消え失せる [スピリチュアル: 瞑想録]
静寂の境地は「土台」あるいは「基礎」 [スピリチュアル: 瞑想録]
感謝と愛は感じても、まだ慈悲には至っていない [スピリチュアル: 瞑想録]
日常生活で何気なく感謝をして喜びが何度も湧き上がってくる [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想で感謝の無限増殖ループに入る [スピリチュアル: 瞑想録]
テーラワーダ仏教の色界第2と第3禅定がカーラナ次元に相当する可能性 [スピリチュアル: 瞑想録]
ヨーガ・スートラのサムヤマがカーラナ次元? [スピリチュアル: 瞑想録]
感情や光および歓喜を否定する教え [スピリチュアル: 瞑想録]
スピリチュアル的な目覚めをするのは簡単なのか? [スピリチュアル: 瞑想録]
カーラナ次元がスピリチュアルの一旦のゴール [スピリチュアル: 瞑想録]
ハイヤーセルフはカーラナ+プルシャ [スピリチュアル: 瞑想録]
感謝の気持ちが湧き上がってきたりそうでなかったり [スピリチュアル: 瞑想録]
プルシャの世界へと入るのが次の目標 [スピリチュアル: 瞑想録]
カーラナ次元の霊との一致 [スピリチュアル: 瞑想録]
至福の感謝にはすぐには至らない [スピリチュアル: 瞑想録]
感謝の気持ちは涙と繋がっている [スピリチュアル: 瞑想録]
ありがとうございます、と、ただ感謝を伝える瞑想 [スピリチュアル: 瞑想録]
私が悟るには何が足りないのか [スピリチュアル: 瞑想録]
ハイヤーセルフは意志を持っているのか? [スピリチュアル: 瞑想録]
ハイヤーセルフの更に上位の存在 [スピリチュアル: 瞑想録]
身口意が統合されたサマーディ [スピリチュアル: 瞑想録]
ちっぽけな家(部屋)でも 有難い、と感じて涙が出る [スピリチュアル: 瞑想録]
悟りに禅定は必要か? [スピリチュアル: 瞑想録]
神様が人間の生活のことをどう思っているのか? [スピリチュアル: 瞑想録]
感謝や愛に理由や対象や行為はいらない [スピリチュアル: 瞑想録]
ハートでただ「ありがたい」と思う瞑想 [スピリチュアル: 瞑想録]
ハイヤーセルフ或いはコスミック・クンダリーニによる健康 [スピリチュアル: 瞑想録]
ヨーガのクンダリーニによる健康 [スピリチュアル: 瞑想録]
ヨーガのプラーナによる健康 [スピリチュアル: 瞑想録]
眉間に改めて集中が定まる [スピリチュアル: 瞑想録]
天のエネルギーは真っ直ぐ降りてくる [スピリチュアル: 瞑想録]
プラーナとクンダリーニとハイヤーセルフ [スピリチュアル: 瞑想録]
論理のスピリチュアルから合一のスピリチュアルへ [スピリチュアル: 瞑想録]
感情のスピリチュアルと論理のスピリチュアル [スピリチュアル: 瞑想録]
少数が大多数に与え続ける社会 [スピリチュアル: 瞑想録]
ハイヤーセルフのエネルギーは「半歩」に妨げられない [スピリチュアル: 瞑想録]
子供に「心が自分」と教えない [スピリチュアル: 瞑想録]
6次元のハイヤーセルフを身体中に満たす [スピリチュアル: 瞑想録]
象と盲目の人、の譬え話 [スピリチュアル: 瞑想録]
他の人のアセンションの体験 [スピリチュアル: 瞑想録]
背中からハートに繋がるハイヤーセルフ [スピリチュアル: 瞑想録]
知る必要があるのかどうかをまず考える [スピリチュアル: 瞑想録]
何だろう、と思ってもすぐに「知りたい」と思わない [スピリチュアル: 瞑想録]
創造の意識が持続する [スピリチュアル: 瞑想録]
意識は与えられているものであることを理解する [スピリチュアル: 瞑想録]
お金があれば大抵のことができる時代が終わる [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想が深まると1日がとても長く感じる [スピリチュアル: 瞑想録]
私は光、という実感が強まる [スピリチュアル: 瞑想録]
辛い人生は運命なのかどうか? [スピリチュアル: 瞑想録]
サハスララからオーラを広げて自分を卵状に包む [スピリチュアル: 瞑想録]
「有」の静寂の境地に何度も至る [スピリチュアル: 瞑想録]
真珠湾攻撃と命の重さ [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想は雑多な感覚から無、そして有に至る [スピリチュアル: 瞑想録]
ケチャリ・ムドラと半歩とサハスララ [スピリチュアル: 瞑想録]
マントラを奥深い意識で唱える [スピリチュアル: 瞑想録]
後頭部を経由してサハスララにまでエネルギーを上げる [スピリチュアル: 瞑想録]
エネルギーが頭頂まで上がると光が見える [スピリチュアル: 瞑想録]
意識を集中して無意識が観察する瞑想 [スピリチュアル: 瞑想録]
自分の心は鏡のように銀色に光って世の姿を反射して映している [スピリチュアル: 瞑想録]
ライトワーカーたちが光の剣で権力者を切る [スピリチュアル: 瞑想録]
本気で時間がないと信じる [スピリチュアル: 瞑想録]
病気になって精神衰弱する [スピリチュアル: 瞑想録]
日常生活と人里離れた瞑想 [スピリチュアル: 瞑想録]
意識の剣で邪悪な存在を切る [スピリチュアル: 瞑想録]
ヴィパッサナー状態を保つための努力が減る [スピリチュアル: 瞑想録]
オーラ視は目で見るような見ないような感覚で見る [スピリチュアル: 瞑想録]
エネルギーが頭頂まで上がれば静寂の覚醒に至る [スピリチュアル: 瞑想録]
邪悪な存在は火星に送られて数億年後まで隔離される [スピリチュアル: 瞑想録]
原始的なスピリチュアルから合一へ [スピリチュアル: 瞑想録]
「みんな一緒」とか言うスピリチュアル [スピリチュアル: 瞑想録]
未分化のスピリチュアルから合一へ [スピリチュアル: 瞑想録]
両頬を意識してイダとピンガラを活性化させる [スピリチュアル: 瞑想録]
サマーディにおける想念の観察と動作の観察の割合の変化 [スピリチュアル: 瞑想録]
無念無想を繰り返すことで日常生活での瞑想状態が継続するようになる [スピリチュアル: 瞑想録]
精神修行は一つの流派に絞った方がいいのかどうか [スピリチュアル: 瞑想録]
昇天した時のお話 [スピリチュアル: 瞑想録]
清浄な平穏の筈なのにどこか清浄になり切れない境地 [スピリチュアル: 瞑想録]
感情面を使って未来を選択する [スピリチュアル: 瞑想録]
感情面と理性面のスピリチュアル [スピリチュアル: 瞑想録]
ソクラテスのイデアとサマーディ [スピリチュアル: 瞑想録]
集中して歓喜を作り出すのが瞑想あるいは仕事においての基本 [スピリチュアル: 瞑想録]
意識の認知がこの世の実態を作り出している [スピリチュアル: 瞑想録]
心の動きのあるがままを認める [スピリチュアル: 瞑想録]
歓喜から静寂へと至る瞑想 [スピリチュアル: 瞑想録]
無念無想と信仰 [スピリチュアル: 瞑想録]
「引き寄せの法則」を卒業しないと神へは辿り着けない [スピリチュアル: 瞑想録]
静寂の境地に達したら他人へ奉仕する [スピリチュアル: 瞑想録]
胸の奥底で祈る願いをしない [スピリチュアル: 瞑想録]
清浄になり切らないと感じるのはオーラが一体になっていないため [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想中に急にドスンと少し高いところから降りた [スピリチュアル: 瞑想録]
清浄になり切らない静寂の境地 [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想に理屈はあまりいらない [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想中に不快感が出てきたらどうするか [スピリチュアル: 瞑想録]
奇しくもマスクだらけの社会が実現した [スピリチュアル: 瞑想録]
各チャクラをオームで活性化させる [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想で臨界に達すると黒かった球が輝き出す [スピリチュアル: 瞑想録]
静寂の境地、イダとピンガラ、スシュムナ、の順番 [スピリチュアル: 瞑想録]
寂静の境地である非想非々想定(非想非非想処)の完成 [スピリチュアル: 瞑想録]
ありのままと思うのではなくて認知する [スピリチュアル: 瞑想録]
プラトンとカントの哲学の違い [スピリチュアル: 瞑想録]
ライトボディ 第8レベル [スピリチュアル: 瞑想録]
ジョリッという頭の中心の音と感覚と共に緊張がほぐれる [スピリチュアル: 瞑想録]
奥深い意識でオームを唱える [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想で心の殻が破れるときにリラックスが深まる [スピリチュアル: 瞑想録]
別の種類の無意識状態の瞑想 [スピリチュアル: 瞑想録]
お金が儲かるというスピリチュアルは大抵使い物にならない [スピリチュアル: 瞑想録]
人生が良くなれ、と思う必要はない [スピリチュアル: 瞑想録]
守護霊とガイド [スピリチュアル: 瞑想録]
下実上平で呼吸がないようになる [スピリチュアル: 瞑想録]
チャクラは気・アストラル・カーラナの次元それぞれにある [スピリチュアル: 瞑想録]
アストラル次元は感情の心を扱う [スピリチュアル: 瞑想録]
意識が静まると雲が見え、やがて輝き出す [スピリチュアル: 瞑想録]
潜在意識で手放しを意図して、顕在意識では意図しない [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想がある程度進めば心理学等はあまり必要でなくなる [スピリチュアル: 瞑想録]
自動的な小周天あるいは大周天が起きる瞑想から凪の状態へ [スピリチュアル: 瞑想録]
創造神の宗教による理解の違い [スピリチュアル: 瞑想録]
神霊(プルシャ)は強い力で入ってくる [スピリチュアル: 瞑想録]
ゾーンの集中はアストラル次元のサマーディ(三昧) [スピリチュアル: 瞑想録]
カラーナ次元のサマーディ [スピリチュアル: 瞑想録]
プルシャの次元に上がろうとする時に遭遇する魔 [スピリチュアル: 瞑想録]
心の声に気付く [スピリチュアル: 瞑想録]
カラーナ(コーザル、原因)ではオーラのバランスが整う [スピリチュアル: 瞑想録]
キリストの愛と仏陀の慈愛 [スピリチュアル: 瞑想録]
ゾーンで歓喜に入り能力を高める [スピリチュアル: 瞑想録]
アストラルのサマーディからカラーナ(コーザル)の次元のサマーディへ [スピリチュアル: 瞑想録]
スピリチュアルで現状を肯定してしまう罠 [スピリチュアル: 瞑想録]
人生を楽しむことは瞑想に必要か [スピリチュアル: 瞑想録]
集中もある程度瞑想に必要 [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想中に意識がなくならない [スピリチュアル: 瞑想録]
エネルギー重視のスピリチュアル [スピリチュアル: 瞑想録]
ナーダ音と目覚めた意識 [スピリチュアル: 瞑想録]
サマーディに居続けるテクチューとランドル [スピリチュアル: 瞑想録]
サハスララにオーラが満ちると雑念が入ってこなくなる [スピリチュアル: 瞑想録]
いつの間にかサハスララに手のひらの大きさほどのオーラの塊ができていました [スピリチュアル: 瞑想録]
スピリチュアルの成長の歩みを当然のものとして受け入れる [スピリチュアル: 瞑想録]
私の周囲に広がるオーラが少し広がる [スピリチュアル: 瞑想録]
胸でオームを唱えていると小人が出現する [スピリチュアル: 瞑想録]
マントラがとても奥深くから小さい声で浸透して聞こえるようになった [スピリチュアル: 瞑想録]
悟りを求めて心の静寂を追求する [スピリチュアル: 瞑想録]
肉体の体も光である [スピリチュアル: 瞑想録]
自らが光であると自覚する [スピリチュアル: 瞑想録]
マインドの思考を働かせる感覚 [スピリチュアル: 瞑想録]
マインド(思考する心)が黙っている状態でも意識は働く [スピリチュアル: 瞑想録]
極度の集中状態(ゾーン)にて歓喜が沸き起こる [スピリチュアル: 瞑想録]
喉に通るエネルギーを止めると静寂の境地になる [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想は有から無、そしてまた有になる [スピリチュアル: 瞑想録]
心を鎮める段階と心を動かす段階 [スピリチュアル: 瞑想録]
心の観照の2つの段階 [スピリチュアル: 瞑想録]
体のサマーディから心のサマーディへ [スピリチュアル: 瞑想録]
ヨーギーにとってのアートマンがヴィパッサナー(観) [スピリチュアル: 瞑想録]
満ちているものが体をダイレクトに動かす [スピリチュアル: 瞑想録]
最近の瞑想の手順 [スピリチュアル: 瞑想録]
サマーディ状態でオーラの調整をする [スピリチュアル: 瞑想録]
スピリチュアルの言う「感じること」 [スピリチュアル: 瞑想録]
アートマンの独存からブラフマンへ [スピリチュアル: 瞑想録]
禅定からプルシャの独存、そして「空」との合一へ [スピリチュアル: 瞑想録]
アートマンの意識は自己の周囲にあまねく満ちている [スピリチュアル: 瞑想録]
体の感覚が希薄になる [スピリチュアル: 瞑想録]
知るもの、知られるもの、知ること(手段) [スピリチュアル: 瞑想録]
周囲の空間が何かに満たされていることを感じる [スピリチュアル: 瞑想録]
覚醒の意識の現れである金剛定 [スピリチュアル: 瞑想録]
全く普通の人として人生を生きるのが瞑想であり三昧 [スピリチュアル: 瞑想録]
順番に起こる気付きと並列に同時に起こる気付き [スピリチュアル: 瞑想録]
スピリチュアル 2.0 [スピリチュアル: 瞑想録]
ヴェーダンタの言う「マーヤー(この世は幻)」の意味を理解する [スピリチュアル: 瞑想録]
チャネリングで知識を得ると自分が何者かになった錯覚をするので気をつける [スピリチュアル: 瞑想録]
「手放し」と「意識の覚醒」は両輪 [スピリチュアル: 瞑想録]
静寂の境地から自分が水面に浮かぶ境地へ [スピリチュアル: 瞑想録]
時々、ただ気付きを再確認するだけで自動的に雑念が自己溶解する [スピリチュアル: 瞑想録]
雑念が自然に消えてゆく状態が覚醒の始まり [スピリチュアル: 瞑想録]
主であるアートマン(真我)の僕(しもべ)であると自覚をする [スピリチュアル: 瞑想録]
心の動きを観察することが悟りへの鍵 [スピリチュアル: 瞑想録]
不還果と阿羅漢とサマーディ [スピリチュアル: 瞑想録]
日常生活とサマーディを掛け合わせてゆく [スピリチュアル: 瞑想録]
スピリチュアルにおける鏡と心 [スピリチュアル: 瞑想録]
ケヴァラ・ニルヴィカルパ・サマーディ(≒シャルドル) [スピリチュアル: 瞑想録]
サマーディは大我の目覚め [スピリチュアル: 瞑想録]
シャルドルで静寂の境地への依存から離れる [スピリチュアル: 瞑想録]
雑念・煩悩が自己解脱するシャルドルというサマーディの能力 [スピリチュアル: 瞑想録]
不二の意識により聖典の知識が明確に理解できるようになった [スピリチュアル: 瞑想録]
不二の意識になってから特別感が消え失せた [スピリチュアル: 瞑想録]
内なる意識とダイレクトに繋がることのみが本質 [スピリチュアル: 瞑想録]
我思う、ゆえに我あり、の2つの側面 [スピリチュアル: 瞑想録]
ハイヤーセルフとグループソウル [スピリチュアル: 瞑想録]
ラントン(観、ヴィパッサナー)の宗派における違い [スピリチュアル: 瞑想録]
自分のスピリットに少しづつ委ね始める [スピリチュアル: 瞑想録]
シャマタとシネーが止、ヴィパッサナとラントンが観 [スピリチュアル: 瞑想録]
観察のサマーディから意識のサマーディへ [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想的な観点における自己認識の階梯 [スピリチュアル: 瞑想録]
ヨーガ・スートラとラマナ・マハルシは同じことを言っている [スピリチュアル: 瞑想録]
意識(アートマン)が体をダイレクトに動かしていると実感する [スピリチュアル: 瞑想録]
普通の心より心の本性の働きの方が強くなった [スピリチュアル: 瞑想録]
普通の心とリクパは最初は意思と観察として瞑想中に認識される [スピリチュアル: 瞑想録]
目を開けた瞑想の方がしやすい段階に至ったのかもしれない [スピリチュアル: 瞑想録]
静寂の境地で生きると自らが行動そのものになる [スピリチュアル: 瞑想録]
アナハタの普遍的な愛とマニプラの情による愛 [スピリチュアル: 瞑想録]
宇宙の共同体のあらましはスタートレックを見れば大抵わかる [スピリチュアル: 瞑想録]
オーラの融合によるワンネスは本来のワンネスではない [スピリチュアル: 瞑想録]
心に神の姿イシュタ・デーヴァターを観想して自らを明け渡す [スピリチュアル: 瞑想録]
全体に明け渡すことがスピリチュアル [スピリチュアル: 瞑想録]
求めたら広大な天空の空が私の方へ降りてきた [スピリチュアル: 瞑想録]
永遠を知ってるかどうかで理解が異なってくる [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想における体験・経験と知識の解釈は流派によって異なる [スピリチュアル: 瞑想録]
シャマタ(止)の瞑想からひと続きの心のサマーディへと移行する [スピリチュアル: 瞑想録]
顕教の背後には密教があり密教の結果として顕教がある [スピリチュアル: 瞑想録]
アジナにコルクの蓋がしている感覚がある [スピリチュアル: 瞑想録]
情の上と下は一見すると同じように見える [スピリチュアル: 瞑想録]
意識が目覚めてくると周囲の全員が悟ってるように思えてくる [スピリチュアル: 瞑想録]
ワンネスはハートの繋がり [スピリチュアル: 瞑想録]
サマーディは集中で悟りは別としている流派 [スピリチュアル: 瞑想録]
お金が最上だという価値を見直す必要性 [スピリチュアル: 瞑想録]
悟っているのに悟りを探す人たち [スピリチュアル: 瞑想録]
直感には2種類あるいは3種類あるので気をつける [スピリチュアル: 瞑想録]
眉間に集中する瞑想から胸および体全体を意識する瞑想へ [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想とは心の波を静かにすること [スピリチュアル: 瞑想録]
本当に神様らしい存在は天使くらいなもの [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想をすれば普段の生活が楽になる [スピリチュアル: 瞑想録]
私のグループソウルはこの時代の下準備をしてきた [スピリチュアル: 瞑想録]
何でも受け入れることがスピリチュアルではない [スピリチュアル: 瞑想録]
本当は2つの心なんてなくてひとつづきの心があるだけ [スピリチュアル: 瞑想録]
生まれ変わるまでにどのくらいの期間を必要とするのか? [スピリチュアル: 瞑想録]
心とサマーディは別物だと理解してから瞑想する [スピリチュアル: 瞑想録]
マンデラエフェクトで肋骨(あばら骨)がくっついて驚いたお話 [スピリチュアル: 瞑想録]
サハスララにエネルギーが満ちると心の声がクリアに聞こえる [スピリチュアル: 瞑想録]
私はどうやら覚醒するかコロちゃんで死ぬかのどちらかの様子 [スピリチュアル: 瞑想録]
スピリチュアルな成長において日本神界の神々との出会いは落とし穴の一つ [スピリチュアル: 瞑想録]
スピリチュアルで願望実現するのかどうか [スピリチュアル: 瞑想録]
ガヤトリマントラで体が左回転した [スピリチュアル: 瞑想録]
空間が泡で出来ていることが見える [スピリチュアル: 瞑想録]
時折、他人の思考がはっきりと聞こえる [スピリチュアル: 瞑想録]
この世の全てが知識で満ちている [スピリチュアル: 瞑想録]
この世とあの世が同じという前提に立たないと悟りが何なのかが見えてこない [スピリチュアル: 瞑想録]
生まれる前に立てた人生計画の程度の違い [スピリチュアル: 瞑想録]
サハスララは半円の形で頭に被さっている [スピリチュアル: 瞑想録]
スピリチュアルなワンネスの違い [スピリチュアル: 瞑想録]
熱の伴わないクンダリーニへ変化 [スピリチュアル: 瞑想録]
「中」で視界がぼやけるのとタマスでぼおっとするのとは異なる [スピリチュアル: 瞑想録]
最初からサハスララにオーラが満ちている状態 [スピリチュアル: 瞑想録]
静寂の境地のみを追い求める空病を克服する [スピリチュアル: 瞑想録]
神々からしたら中国も日本もヨーロッパも大差ない [スピリチュアル: 瞑想録]
タマスから清濁併せ呑む「中」へ [スピリチュアル: 瞑想録]
深呼吸をしてサハスララをオーラで満たして静寂の境地に至る [スピリチュアル: 瞑想録]
ゲームをサブクエストまでクリアするような気持ちでヴィシュッダを鍛える [スピリチュアル: 瞑想録]
ヴィシュッダに風船の膨らみのような圧力を感じる瞑想 [スピリチュアル: 瞑想録]
タマスな愚鈍な状態であっても私の本質は常に清浄 [スピリチュアル: 瞑想録]
真理を人の側から見るのと絶対の側から見る違い [スピリチュアル: 瞑想録]
内向的なスピリチュアルから外向的なスピリチュアルへ [スピリチュアル: 瞑想録]
悟りが理解を生むのであって理解が悟りを生むのではない [スピリチュアル: 瞑想録]
天使の本とミカエル大天使 [スピリチュアル: 瞑想録]
自らの生き方に対する宣言あるいは祈りをする必要性 [スピリチュアル: 瞑想録]
金剛定によって空になり切る [スピリチュアル: 瞑想録]
ヴィパッサナー瞑想が心を引き裂く可能性 [スピリチュアル: 瞑想録]
静寂の境地を求める意識から清濁併せ呑むようになる [スピリチュアル: 瞑想録]
ヴィパッサナー瞑想の実況中継は、それが出来るなら既に覚醒している [スピリチュアル: 瞑想録]
胸の中に五芒星あるいはマカバの輝きを見る瞑想をする [スピリチュアル: 瞑想録]
プラーナとクンダリーニとアートマンのエネルギー [スピリチュアル: 瞑想録]
霊視はアジナで行う [スピリチュアル: 瞑想録]
スピリチュアル能力を使っても他人のことは100%理解できない [スピリチュアル: 瞑想録]
エネルギーがアジナやサハスララに満ちるのをただ待つだけの瞑想 [スピリチュアル: 瞑想録]
雑念があってもなくても瞑想にはさほど影響はない [スピリチュアル: 瞑想録]
ムーラダーラのエネルギーを意識してエネルギーを上げる瞑想はしなくなりました [スピリチュアル: 瞑想録]
最近は、天のエネルギーを取り入れる瞑想はほとんどしなくなりました [スピリチュアル: 瞑想録]
美人の嫁さんを処女でゲットするためにタイムラインを書き換えたお話 [スピリチュアル: 瞑想録]
心と五感の観察を同時に行う [スピリチュアル: 瞑想録]
クンダリーニ経験がある人とない人 [スピリチュアル: 瞑想録]
肉体と魂を引き離して意識を上昇させる [スピリチュアル: 瞑想録]
魂と感覚が一致しているかズレているかチェックする [スピリチュアル: 瞑想録]
過去も未来も存在している。今しかない、なんてことはない [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想でいつの間にか自己暗示にかからないよう注意する [スピリチュアル: 瞑想録]
雑念の否定は不要 [スピリチュアル: 瞑想録]
思いを観察しさえすれば悟れると教えている流派 [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想中に見える光の解釈 [スピリチュアル: 瞑想録]
真理の探求は真面目すぎない方がいい、というお話 [スピリチュアル: 瞑想録]
ナーダ音があれば普段聞く音楽はいらない [スピリチュアル: 瞑想録]
覚醒した意識を日常生活で保ち続ける [スピリチュアル: 瞑想録]
経験は不要で理解だけが重要だという流派がある [スピリチュアル: 瞑想録]
ルドラ・グランティがあるという実感 [スピリチュアル: 瞑想録]
地球の波動は悲しみと砂漠のような赤茶色の荒廃したオーラ [スピリチュアル: 瞑想録]
まだ自由自在の理を得てはいない [スピリチュアル: 瞑想録]
これが、本当の自分を見つけるということなのかもしれない [スピリチュアル: 瞑想録]
サハスララにエネルギーが満ちると潜在意識が表に出てくる [スピリチュアル: 瞑想録]
ムーラダーラに意識を合わせてもエネルギーの変化が感じられなくなる [スピリチュアル: 瞑想録]
サハスララにエネルギーが満ちると静寂の境地に至る [スピリチュアル: 瞑想録]
自動的な観照で心を観察する瞑想 [スピリチュアル: 瞑想録]
体の感覚を観察すればヴィパッサナー瞑想に至るという誤解 [スピリチュアル: 瞑想録]
シャマタ(止)をしてからヴィパッサナーに至る [スピリチュアル: 瞑想録]
身口意とエネルギーと意思 [スピリチュアル: 瞑想録]
背骨が風船のように膨らむ感覚がした [スピリチュアル: 瞑想録]
善悪の感覚がなくなる [スピリチュアル: 瞑想録]
ラントンからニメへ [スピリチュアル: 瞑想録]
この体が光でできていることを実感する [スピリチュアル: 瞑想録]
教皇は金の亡者だったが枢機卿には純粋な人がいた [スピリチュアル: 瞑想録]
眉間と眉毛の近くまで創造・破壊・維持のエネルギーが流れ込む [スピリチュアル: 瞑想録]
集中して静寂の境地に至る瞑想は未だ有効 [スピリチュアル: 瞑想録]
悲しみはヴィシュッダが開いた時の感情の経験だったのかもしれない [スピリチュアル: 瞑想録]
意識がありのままを認識しなくなると悲しみが湧き出てくる [スピリチュアル: 瞑想録]
創造・破壊・維持の意識が深まるにつれ儚さを感じ涙が出るようになる [スピリチュアル: 瞑想録]
胸の奥にて夜明けを感じて創造・破壊・維持の意識が深まる [スピリチュアル: 瞑想録]
牛のミルクをハートにかける儀式を瞑想中に受ける [スピリチュアル: 瞑想録]
何も思わぬ瞑想と比喩される滅尽定 [スピリチュアル: 瞑想録]
身体のオーラがあるような、ないような境地で非想非非想処に至る [スピリチュアル: 瞑想録]
識無辺処から無所有処へ入りつつあるのだろうか [スピリチュアル: 瞑想録]
「創造・破壊・維持の公の意識」が頭にまでじわじわと浸透する [スピリチュアル: 瞑想録]
食べ物はエネルギーの流れに影響がある [スピリチュアル: 瞑想録]
手かざし、をする流派で生きた記憶 [スピリチュアル: 瞑想録]
神を名乗る存在からの接触に注意する [スピリチュアル: 瞑想録]
愛とはエネルギー [スピリチュアル: 瞑想録]
胸の「創造・破壊・維持」の意識が胸から下腹部および一部は頭にまで広がる [スピリチュアル: 瞑想録]
仏師として空海と共に唐から渡来した記憶 [スピリチュアル: 瞑想録]
胸の奥の「創造と破壊(と維持の意識)」が胸いっぱいに広がってゆく [スピリチュアル: 瞑想録]
空無辺処から識無辺処へ [スピリチュアル: 瞑想録]
創造と破壊の意識は必ず全体意識になる [スピリチュアル: 瞑想録]
アナハタの奥の破壊と創造は「魔」のように認識されることもある [スピリチュアル: 瞑想録]
アナハタで創造と破壊を感じる段階は後戻りのように外からは認識される [スピリチュアル: 瞑想録]
ようやく瞑想初心者を卒業したような感覚になる [スピリチュアル: 瞑想録]
胸の奥の神意識がこの世を思いのままにできることを実感して恐怖を感じる [スピリチュアル: 瞑想録]
意識が働き続けていてあまり眠れなくなる [スピリチュアル: 瞑想録]
雑念のあまりない状態で瞑想をしたり日常生活を送る [スピリチュアル: 瞑想録]
あの世では周囲の環境は思いのままにできるというお話 [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想ホールでババジの顔を見た [スピリチュアル: 瞑想録]
深呼吸するだけでエネルギーが鼻頭から入ってリラックスする [スピリチュアル: 瞑想録]
鼻頭を意識するだけで雑念が消える [スピリチュアル: 瞑想録]
鼻頭に意識を合わせて呼吸するだけでエネルギーが頭まで上がる [スピリチュアル: 瞑想録]
静寂の境地でようやくゾクチェンのシネーの境地 [スピリチュアル: 瞑想録]
自分の姿が周囲に見える瞑想 [スピリチュアル: 瞑想録]
識無辺処の前兆が現れてきているのかもしれない [スピリチュアル: 瞑想録]
すみれ色の朝焼けのような境地 [スピリチュアル: 瞑想録]
2021年は人生の節目の年 [スピリチュアル: 瞑想録]
空無辺処を突破するには「手放し」が必要 [スピリチュアル: 瞑想録]
既に空無辺処に入っているのかもしれない [スピリチュアル: 瞑想録]
力が欲しいか? と何度も聞かれる [スピリチュアル: 瞑想録]
禅的に解釈する最近の静寂の境地 [スピリチュアル: 瞑想録]
第四禅定を達成しつつあるのかもしれない [スピリチュアル: 瞑想録]
「手放し」が心を浄化する方向であればそれは正しい [スピリチュアル: 瞑想録]
アジナに集中してアナハタの扉を開く [スピリチュアル: 瞑想録]
天のエネルギーを掴んで体に取り入れる [スピリチュアル: 瞑想録]
サハスララとムーラダーラの陰陽エネルギー [スピリチュアル: 瞑想録]
必ず成功する筈だったのに行動しなくて成功しなかった人のお話 [スピリチュアル: 瞑想録]
世界が自分を動かしているような感覚になる [スピリチュアル: 瞑想録]
一瞥を最終的な悟りだと勘違いしないこと [スピリチュアル: 瞑想録]
人々が悟っていないのは学びのため [スピリチュアル: 瞑想録]
私にチャネリングしてこないように禁止札を出している [スピリチュアル: 瞑想録]
ソーハン瞑想あるいは小周天のようになる [スピリチュアル: 瞑想録]
アジナへの瞑想中、力が欲しいか? と聞かれる。 [スピリチュアル: 瞑想録]
ムーラダーラに意識を少し当てるだけで静寂の意識に近づく [スピリチュアル: 瞑想録]
ナーダ音に共振する瞑想 [スピリチュアル: 瞑想録]
ムーラダーラを意識しただけで登頂のサハスララまでエネルギーが通る [スピリチュアル: 瞑想録]
サハスララからエネルギーが上に抜ける瞑想 [スピリチュアル: 瞑想録]
静寂の境地に浸ることを許さない奥深い意識 [スピリチュアル: 瞑想録]
大きな心臓の鼓動が時々瞑想中に起こる [スピリチュアル: 瞑想録]
レムリアのアセンションの記憶 [スピリチュアル: 瞑想録]
経験する静寂の境地から経験しない静寂の境地へ [スピリチュアル: 瞑想録]
静寂の境地に達したら集中をやめる [スピリチュアル: 瞑想録]
クンバカ(止息)でエネルギーを上下させる [スピリチュアル: 瞑想録]
静寂の境地の一歩手前の平静な意識で紫色のアストラル光が見える [スピリチュアル: 瞑想録]
天からの光のエネルギーでタマスをアナハタ以下に押し返す [スピリチュアル: 瞑想録]
胸の中に笑顔の顔がことあるごとに見えるようになった [スピリチュアル: 瞑想録]
インナーチャイルドの正体は慈悲の心だった [スピリチュアル: 瞑想録]
首から下がだるまさんのようなオーラになる [スピリチュアル: 瞑想録]
ヴィシュッダ(喉)でタマスを浄化する [スピリチュアル: 瞑想録]
真我(アートマン)の手足が5つの神通 [スピリチュアル: 瞑想録]
前世でのパートナーや仲の良い友人が孫として生まれる [スピリチュアル: 瞑想録]
再度、目を閉じていても視界をシルエットで感じるサードアイ [スピリチュアル: 瞑想録]
幸福と平安の小サイクルは繰り返される [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想で集中(サマタ)すると観察(ヴィパッサナー)が現れる [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想での心の停止とプラティヤハーラとサマーディ [スピリチュアル: 瞑想録]
頭のタマスをハートや下半身に落とすことで静寂の意識に至る [スピリチュアル: 瞑想録]
薄い紫色の猫のシルエットが浮かび上がる瞑想 [スピリチュアル: 瞑想録]
手のひらからエネルギーが発せられ、瞑想状態へと導く [スピリチュアル: 瞑想録]
清浄な意識を意図的にタマスで強化する [スピリチュアル: 瞑想録]
水面に映った自分の顔が上の方に見える瞑想 [スピリチュアル: 瞑想録]
静寂の境地に達することで人生ゲームがつまらなくてリセットしたくなる気持ちがなくなる [スピリチュアル: 瞑想録]
般若心経の空即是色はサマーディの一部 [スピリチュアル: 瞑想録]
アナハタのマーガレットの花弁が半開きになる [スピリチュアル: 瞑想録]
ゾクチェンのテクチューとトゥガルは表裏一体 [スピリチュアル: 瞑想録]
エネルギーが増した状態で更に状態を安定させ、静寂の境地へと至る [スピリチュアル: 瞑想録]
不二の意識かどうかは勉強しなければわからない [スピリチュアル: 瞑想録]
黒はアジナチャクラのアストラル下層の段階 [スピリチュアル: 瞑想録]
体に「裏」の漆黒が注ぎ込まれ、圧力が高まる [スピリチュアル: 瞑想録]
意識の裏側にある暗黒の雲に近づく。シャルドルの前兆 [スピリチュアル: 瞑想録]
呼吸による瞑想状態(静寂の境地)への入り方 [スピリチュアル: 瞑想録]
集中すればするほど瞑想が深まる。シャルドルの前兆 [スピリチュアル: 瞑想録]
静寂の意識の中に生きる [スピリチュアル: 瞑想録]
体と「わたし」が一致する感覚のヴィパッサナー状態 [スピリチュアル: 瞑想録]
スローモーションのように体の動きを感じる [スピリチュアル: 瞑想録]
成仏するのと似た境地のシャルドル [スピリチュアル: 瞑想録]
電波の悪い携帯電話の通話のように雑念が切られる境地 [スピリチュアル: 瞑想録]
馬陰蔵相が深まり、性的欲求が更になくなる [スピリチュアル: 瞑想録]
シャルドルでもトラウマなど葛藤は存在する [スピリチュアル: 瞑想録]
諸派の見解から自分の状態に合ったものを引用する [スピリチュアル: 瞑想録]
雑念が生じると同時に解放して静寂な境地に近づくシャルドル [スピリチュアル: 瞑想録]
目を開けていても平穏な瞑想状態が続く境地 [スピリチュアル: 瞑想録]
ヴィパッサナーと呼んでも良い平らな境地 [スピリチュアル: 瞑想録]
真っ白い平らな大地の少し上に浮いている境地の瞑想 [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想でうとうとしている時に3年後や銀河と少し繋がる [スピリチュアル: 瞑想録]
悟っていると言われて試される [スピリチュアル: 瞑想録]
君が代の祝詞の唱え方を夢で見た [スピリチュアル: 瞑想録]
ゾーンの歓喜と瞑想の階梯 [スピリチュアル: 瞑想録]
物理数学者としての人生と、商人としてパリのフランス革命を目撃する [スピリチュアル: 瞑想録]
私のグループソウルは遠い過去から霊性の進化を教育してきた [スピリチュアル: 瞑想録]
今生の目的はカルマの解消と覚醒への階梯を確かめることの2つ [スピリチュアル: 瞑想録]
ヴィパッサナー状態のまま遠近感が戻ってきた [スピリチュアル: 瞑想録]
古代のマントラで前頭葉上部の感覚が出てくる [スピリチュアル: 瞑想録]
はっきりと感じるクレアセンシェンス(クリアセンセス) [スピリチュアル: 瞑想録]
スローモーションのヴィパッサナー瞑想で生活する時間が増える [スピリチュアル: 瞑想録]
静寂の境地になる時、後頭部から下がるのか上がるのか [スピリチュアル: 瞑想録]
サマーディが超感覚に繋がるという実感 [スピリチュアル: 瞑想録]
覚醒した意識を保つ準備としての瞑想 [スピリチュアル: 瞑想録]
頭から天に向かって唱える古代のマントラ [スピリチュアル: 瞑想録]
0.1秒の光のフラッシュを5分おきに前方上方に見る [スピリチュアル: 瞑想録]
マニプラ優勢あるいはそれ以前の場合は思考を止める瞑想をする [スピリチュアル: 瞑想録]
サマーディのために瞑想で思考を止める [スピリチュアル: 瞑想録]
眉間で小さな雷の音を聞いた後、後頭部のあたりで圧力感による鈍い軽い頭痛がするようになった [スピリチュアル: 瞑想録]
静寂の意識と自然に起こる止息(ケヴァラ・クンバカ) [スピリチュアル: 瞑想録]
思考を止めて超感覚の意識を目覚めさせる [スピリチュアル: 瞑想録]
思いが浮かぶごとに「苦」を感じる境地 [スピリチュアル: 瞑想録]
意識がモワモワっとして何を感じても「苦」に感じる境地 [スピリチュアル: 瞑想録]
意識を中央に合わせることで緊張が取れ、リラックスできる [スピリチュアル: 瞑想録]
ナーダ音というベッドの上に横たわって寛ぐ [スピリチュアル: 瞑想録]
凪の状態の先で、深い意識の平穏と寛ぎが訪れる [スピリチュアル: 瞑想録]
ハートを感じる瞑想 [スピリチュアル: 瞑想録]
脳内の各所を瞑想で緩める [スピリチュアル: 瞑想録]
サマーディという言葉の多様な解釈 [スピリチュアル: 瞑想録]
目のスローモーションと全身の感覚 [スピリチュアル: 瞑想録]
意識の平穏が5分、10分おきに何度も現れる [スピリチュアル: 瞑想録]
形状が表面化すれば現実が潜在する、と言う昔からの教え [スピリチュアル: 瞑想録]
意識を眉間に合わせるのが瞑想の基本 [スピリチュアル: 瞑想録]
雑念があっても深い平穏なる意識は段階的にやって来る [スピリチュアル: 瞑想録]
意識の平穏は何段階かに分かれて瞑想中に現れる [スピリチュアル: 瞑想録]
意識が凪の状態になり、そこでオームを唱える [スピリチュアル: 瞑想録]
30分から1時間の瞑想で意識が集約し、清浄な意識が現れる [スピリチュアル: 瞑想録]
観察ではなく集中こそが瞑想の基本 [スピリチュアル: 瞑想録]
後頭部が脈打ち、鼻頭がピリピリする [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想は経験が先に来て説明が後に来る [スピリチュアル: 瞑想録]
我思わなくても我あり [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想中、頭のてっぺんに感覚が現れる [スピリチュアル: 瞑想録]
自我が戸惑った後、時間が経てば自我が静まる [スピリチュアル: 瞑想録]
ヴィパッサナーを超えた瞑想で自我が戸惑う [スピリチュアル: 瞑想録]
周囲と自分を混ぜれば混ぜるほど自分が消えてゆく [スピリチュアル: 瞑想録]
自然に瞑想を続けるだけで良い [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想は駒あるいはモーターを回すようなもの [スピリチュアル: 瞑想録]
集中(サマタ)瞑想を否定する流派 [スピリチュアル: 瞑想録]
仏教の「空」はゾクチェンのシネーの境地 [スピリチュアル: 瞑想録]
カニカ・サマーディ(瞬間定)の解釈 [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想中に見えるアストラル体の色 [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想中、漆黒の雲に包まれる [スピリチュアル: 瞑想録]
観察すると雑念が消失するチェルドル [スピリチュアル: 瞑想録]
銀河系の形のように部屋の隅々まで広がるオーム [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想中に聞こえてきた真言宗っぽいマントラ [スピリチュアル: 瞑想録]
エネルギーの柱が下方まで通じる [スピリチュアル: 瞑想録]
古代のマントラによる瞑想で胸に変化 [スピリチュアル: 瞑想録]
サマーディの不二の意識とシッディの謎解き [スピリチュアル: 瞑想録]
オーラの塊を使って体の各所にエネルギーを通す [スピリチュアル: 瞑想録]
頭から体の前を通ってお腹までエネルギーのルートが通る [スピリチュアル: 瞑想録]
意識の集中を解いても発散しない意識 [スピリチュアル: 瞑想録]
別々ということが分からなくなることが同一の意識 [スピリチュアル: 瞑想録]
せきを切ったかのように喉に流れ込む頭のエネルギー [スピリチュアル: 瞑想録]
だるまさんのような丸いオーラの体になって眉間の周囲にオーラが集まる [スピリチュアル: 瞑想録]
日常が映画になるヴィパッサナー瞑想 [スピリチュアル: 瞑想録]
心が水面のように穏やかになるのは比喩ではない [スピリチュアル: 瞑想録]
想念をもありのままに観察する、なんてのは上級者のお話 [スピリチュアル: 瞑想録]
日常生活でなるべくサマーディ状態を保つ [スピリチュアル: 瞑想録]
朝起きたら、体が溶けたようになっていた [スピリチュアル: 瞑想録]
ヴィパッサナー瞑想と思考の停止 [スピリチュアル: 瞑想録]
異空間の虹色の枠 [スピリチュアル: 瞑想録]
ヴィパッサナー瞑想で体や息を観察すること [スピリチュアル: 瞑想録]
サマーディという言葉の2つの意味 [スピリチュアル: 瞑想録]
目の前にあるオーラの壁にすり寄る [スピリチュアル: 瞑想録]
日常生活が修行になるヴィパッサナー瞑想 [スピリチュアル: 瞑想録]
体の感覚を観察してスローモーションのヴィパッサナー瞑想を行う [スピリチュアル: 瞑想録]
くつろぎの3段階 [スピリチュアル: 瞑想録]
座った瞑想で準備をし、日常生活でヴィパッサナー瞑想を行う [スピリチュアル: 瞑想録]
昼も夜も半覚醒の状態で体の緊張をリセットし続ける [スピリチュアル: 瞑想録]
思考を止めただけではテクチュの境地にはならない [スピリチュアル: 瞑想録]
生きているが生きていない人生 [スピリチュアル: 瞑想録]
半眼の瞑想、座禅 [スピリチュアル: 瞑想録]
散歩中に湧き上がってくる雑念を観察しつつヴィパッサナーに即座に立ち返る瞑想 [スピリチュアル: 瞑想録]
ゾクチェンのテクチュの境地がヴィパッサナーのスローモーション体験 [スピリチュアル: 瞑想録]
スピリチュアルと頭痛 [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想とコーヒー(カフェイン、お茶) [スピリチュアル: 瞑想録]
オーラのざわつきを鎮める瞑想 [スピリチュアル: 瞑想録]
今生の目的はカルマの解消 [スピリチュアル: 瞑想録]
最近、霊視による未来予想は外れやすいです [スピリチュアル: 瞑想録]
スシュムナを地に伸ばして錨にし、グラウンディングする [スピリチュアル: 瞑想録]
天のエネルギーを真っ直ぐ下ろして取り入れる瞑想 [スピリチュアル: 瞑想録]
歯痛や疲れている時は予知の感覚が働かないようです [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想中に一瞬見えた小悪魔の影 [スピリチュアル: 瞑想録]
首や肩の力が抜け、上半身がよりニュートラルな瞑想 [スピリチュアル: 瞑想録]
天のエネルギーを上半身に満たす [スピリチュアル: 瞑想録]
天のエネルギーを頭に充填させる瞑想 [スピリチュアル: 瞑想録]
天のエネルギーをサハスララを通じて体まで下ろす [スピリチュアル: 瞑想録]
後頭部のジリジリ感によるエネルギーの高まり [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想でアジナ・チャクラを想う [スピリチュアル: 瞑想録]
瞑想中に感じる各所のザワザワ感 [スピリチュアル: 瞑想録]
色界禅定と無色界禅定は一続きで意識の拡大に繋がる [スピリチュアル: 瞑想録]