雑念を無くしたいと思うなら、そうすれば良い(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)見るもの(プルシャ)を独立して認知する

対象と意識を切り離す

2022-09-15
トピック:スピリチュアル: 瞑想録

意識から対象を切り離すこと。言い換えれば「対象を手放すこと」あるいは「認識の(対象への)繋がりを断つ」ということが純粋な「意識」が立脚して自由になる肝のような気が致します。

その前段階としては、(対象のある)サマーディ(三昧)というものがあって、そこでは、「見るもの、見られるもの、見ること」が一体となるという状態があります。最初は(対象のある)サマーディ(三昧)から始まって、集中により対象と一体化します。そして歓喜の状態になったり対象のことがよく理解できるようになるのですけど、それはそれとして段階としては必要で、それはそれで(仕事などで)有用だったりするわけですけど、そこを超えて、純粋な精神の世界、いわゆる(ヨーガでいうところの)プルシャの世界に行くためには「対象」を切り離して純粋な精神だけになる必要があるように思うのです。

一方、「切り離す」段階においては、これらのうち「見るもの(意識)」だけを切り離すのです。それは、ある意味、本当のサマーディあるいはもっと進んだサマーディの状態に対応しているようにも思います。

その辺りのことを書いてあるのがヨーガ・スートラの2章です。

(2-17) 見られるものと見るものとの結合こそが、除去すべき苦の原因である。
(2-23) 見られるものと見るものとの結合は、臣下たる力(見られるもの)と主君たる力(見るもの)の両方が、各自の実体を把握する原因になる。
(2-24) 両者の結合の原因となるのは無明である。

「ヨーガ根本経典(佐保田 鶴治著) 」より

(続きます)



雑念を無くしたいと思うなら、そうすれば良い(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)見るもの(プルシャ)を独立して認知する