右頬の外側から鎖骨、胴体、そして右腕にかけてエネルギールートが強化された

2023-11-30公開 (2023-07-01 記載)
トピック:スピリチュアル: 瞑想録

以前から左右の頬の前面であれば上下にイダとピンガラと思われるエネルギーのルートがぼちぼち開いていた感じではありましたが、この、頬の外側のルートに関しては左側は割と十分に既に開いていた一方で、右側がきちんと開いていなかったようです。今回、左右差があることに気が付きましたので瞑想中に意識をまずは胴体の右側に合わせ、繋がっていない部分、胴体のお腹の辺りの右側から右頬の外側に向けてエネルギーのルートが繋がるように意識をしました。

最初、胴体の右側の部分を左右と比べて感覚の違いに気がついて、そこから上に伸ばそうとするとルートが止まっていて、そこが右側だけ詰まっていましたので意識を少しづつ強めることでまずは鎖骨の辺り、そして、右頬の外側を経由して目の辺りまでルートを繋げたところ、随分と意識が更に変わり、身体中のエネルギーが高まりました。今回、方向としては下の方から上に繋げようとしましたが、これはたまたまで、上方向からでもおそらく繋がったかと思います。

この時点では上下のルートが繋がっただけで、それはそれでエネルギーの通りとしては更に良くなってはいたわけですけどまだ右腕の方にまではそこまで変化はなくて、ここから更に、同様に右頬の外側から鎖骨、そして、胴体の方だけでなく右腕の方にまでエネルギールートをきちんと開いてあげたところ、右腕が痺れるような感覚と共に今までより更に強いエネルギーに包まれました。特に右肘の部分と右手の部分がじんわりとしていて、今まではそれなりに意識を集めないとここまでならなかったところが、特に意識せずとも右腕にじわじわしたエネルギーが満ちるようになりました。

最近は割と眉間のアジナから喉のヴィシュッダ経由で胸やお腹の方にまで入ってくる(宇宙の?)エネルギーが優勢になっていて、それがお腹の方に行ってから右腕にも充満していて、それ故に、もともと私は右腕が弱くて右肩が特に弱くて取り憑かれるのも右肩だったわけですけど、基本はこのアジナから取り入れるエネルギーで右腕も割とエネルギーが最近は満ちてはいたのですけど、今回、右頬の右側から鎖骨そして右腕に伸びるエネルギールートが繋がったことにより、より直接的に右腕にエネルギーが満ちるようになったのです。

これでなくても最近はエネルギーに満ちている感じが強まってはいるのですけど、更に安定した感じですね。エネルギーが強まっている、と言ってしまうとなかなか伝わらないですけど、そのエネルギーの質それ自体も何種類かあって、イダとピンガラが最初に出てきた時の熱感の強いエネルギーですとか創造・破壊・維持のエネルギーとがあったわけですけど、今回のものはというと(そういったものも一応は基礎とはしていつつも)アジナから入ってくる割と宇宙的なエネルギーが満ちていると言うことで、そのアジナからのエネルギーが今まではお腹の方を経由してから腕の方に行っていたものが、今回のことで右頬の外側そして鎖骨を経由して右腕にも直接的に満ちるようになったと言うことです。いつの間にか既に左の方はこのルートは通っていたようで、最初から開いていたのかもしれないですけど、もともと私は右腕が弱かったのでそこのあたりが詰まっていたのかもしれませんね。そうであったとしてもルートはいくつかありますからそこまでは困っていなかったのですけど、ここにきて細かなバランスを取るように心がけるようになって、エネルギーが強まるにつれてこういった細かいところの調整も重要になってきた感じではあります。特に左右のバランスが重要で、今回のように右側だけ通じていないと言うのは重要な違いだったように思います。

そして、左側は基本は既にエネルギーが通っていたわけですけど、改めて左側のルートも同様にして意識して、特に首の左側から左の肩にかけてルートを再度しっかりと通してあげると左腕の側も改めてエネルギーに満ちるようになりました。

一旦エネルギーが満ちると安定してエネルギーが通るようになるようで、特にわかるのが寝ている時で、寝ている時に大の字になっていると右手にエネルギーがしっかりと通ってピリピリと反応しているのがわかります。左右を比べるとやはり右腕が安定していないようでエネルギーの揺らぎが大きく感じられますが、今まで通っていなかった部分にエネルギーが通り始めたわけですから、今までもそれなりに既に通ってたとはいえ、扱うエネルギー量がその部分で増えたことで揺らぎが大きくなっているのかなと思います。

特に変化のあるのが右肘と右手首で、基本的に右腕全体にエネルギーの変化が起きていますけどその部分が特に顕著な感じです。