ヨーガのクンダリーニによる健康(同テーマ&時系列の前記事)

ハイヤーセルフ或いはコスミック・クンダリーニによる健康

2022-01-08
トピック:スピリチュアル: 瞑想録

ヨーガのプラーナによる健康或いはクンダリーニによる健康だけでも日常生活を送る上では割と十分と言えるのですけど、一般的に言われているクンダリーニの次の段階に、ハイヤーセルフあるいはコスミック・ハイヤーセルフ・クンダリーニなどと呼ばれるようなエネルギーの段階も存在しています。これはクンダリーニよりも更にスピリチュアルなエネルギーで、もちろんプラーナよりもスピリチュアルなエネルギーになります。

この辺り、用語が分かりづらいかもしれませんので肉体に近い方から表現しますと以下のような順番になります。

肉体 → プラーナ(一般的な)クンダリーニ → ハイヤーセルフ(或いはコスミック・ハイヤーセルフ・クンダリーニ)

このように、最初は食物や生活習慣と言ったプラーナ的な改善から始まって、やがてはクンダリーニのエネルギーに目覚め、そしてはハイヤーセルフの意識に目覚めるわけです。

生活習慣や食物を見直すことでプラーナを充実させ、ヨーガや祈りをすることで浄化をし、やがてはクンダリーニに目覚めるわけです。クンダリーニが動き出した後の数ヶ月とか半年とか体全体が熱い状態になって健康的に過ごすことができるようになるのですけど落ち着いてくるとマニプラ優勢の状態になり、そこからは段階的な階梯が始まって、マニプラ優勢の状態の次はやがてアナハタ優勢、そしてアジナ優勢へと変わってゆくわけです。これらは全てクンダリーニのエネルギーとしての優勢であって、後の段階で起こるようなハイヤーセルフのエネルギーとは別物なわけです。

そのように、クンダリーニのエネルギーは神智学などで言われているように、最初は下半身の活性化から始まって上半身、やがてアジナやサハスララに到達するのですけど、そのようにクンダリーニのエネルギーとしてのマニプラ優勢、アナハタ優勢、アジナ優勢、と言う状態と、その後の、ハイヤーセルフのエネルギーとしてのアナハタ優勢などとの状態とはかなり違っているわけです。感じ方がかなり異なりますのでエネルギーそのものが異なっていることが明確に分かります。

まず最初はクンダリーニが上昇して、ですけどそれはあくまでもクンダリーニとしてのエネルギーのお話で、クンダリーニが上昇するごとにマニプラを活性化して、アナハタを活性化して、アジナを活性化して、そしてサハスララに到達することで静寂の境地に達したわけです。

その後、ハイヤーセルフと繋がることにより、再度、アナハタに戻るような形でアナハタ中心に再度活性化するわけですけれども、それはそれ以前の段階でアナハタがクンダリーニとして活性化していた段階とは異なり、ハイヤーセルフ、あるいはコスミック・ハイヤーセルフ・クンダリーニなどとも呼ばれるようなより上位と思われる意識が活性化しているのであり、それはチャクラ的には活性化、とも言えますけど、それよりは、背中の方からハイヤーセルフが入ってくる、或いは、背中の方から入ってきたハイヤーセルフと繋がる、と言うように認知されました。

その入ってきたハイヤーセルフは最初は感覚的には創造・破壊・維持の意識として認識されたのですけど、その一方で、今まであったクンダリーニのエネルギーは変わらず存在していて、それと合わせて、また違ったエネルギーが入ってきた、或いは、繋がったものとして認識されたのです。

ハイヤーセルフの意識は色々な言葉で表現されていて、ヨーガやヴェーダンタなどではプルシャとかアートマンとか言われたりもするかとは思いますけど、ヨーガやヴェーダンタでは割と概念的なお話に留まっていて、この段階になりますとより実践的なのはスピリチュアルな各種の教えになるように思います。

ヨーガなどの体系においてはこの種のプルシャ或いはアートマンとの融合は一時的な経験として説明されていることが多くて、それはいわゆる「秘技」において行われていて、一時的に瞑想中にプルシャ或いはアートマンと融合して再度分離する、という秘技が存在することは以前から承知していました。ですけど、具体的にどうすればいいのかは私は教えてもらったことがなくて、きっとそれができる人も限られていて、教えることができる人も限られるわけですけど、そのような秘技としてのプルシャ或いはアートマン、それは言い方を変えればハイヤーセルフと同義かとは思うのですけどそのような秘技としての一時的な合一も可能は可能かとは思うのですけど、私の場合はそのような一時的な合一ではなくて、常に繋がっている、という点に違いがあります。

これは私が子供の頃に幽体離脱した時にもこの種のことを既に行っていて記憶があって、自らの本体のハイヤーセルフのエネルギーを3分割して、最初の段階で3分の1を私の未来、それはつまり今の現在の自分ということですけど、子供の頃に未来の自分に対して、ハイヤーセルフの3分の1をまず融合させる、と言うことを自分が自分に対して行ったわけです。

それによって、ハイヤーセルフのオーラを時間をかけて定着させる、と言う効果を期待したようです。

そして、次には残りの2分の3を融合させるわけですけれども、この種のハイヤーセルフとの融合は失敗すると取り返しがつかない状況になるようで、それは私が幽体離脱した時の記憶からもそれはそうなのだとは思うのですけど、そう言うこともあって、様子を見て、少し時期を見計らっているようです。

その記憶に基づくと、もう1回、更にハイヤーセルフとの融合が将来的にあるのかなと思うのですけど、時期とかは忘れてしまったと言いますか、スピリットの状態ですと時間軸とかはあまり関係ないので何年後に起こるのかとかはよくわからない状況であります。どちらにせよ、子供の頃のスピリットの判断力次第で私の将来が決まるわけで、文字通り、自分の行ったことは全て自分の責任で、結果も自分次第ということで、それはそれで問題ないかな、と思います。

ですから、私は修行したからというよりは子供の頃に自分で幽体離脱をして計画をしたことが根本にありますので、他の人に同様に起こるかどうかは分かりません。そのことを付け加えておきたいと思います。

この種の事って、ある程度は乗り越えることができない壁のようなものが存在してて、生まれる前に自分で計画していれば簡単でも、元々自分で計画していないのならばほとんど不可能、というのはよくあることです。ですから、今回の人生で色々と分かったのならば、来世においてはしっかりと計画する、というのもありかと思います。或いは、幽体離脱してリセットするという方法もありますけど、幽体離脱したからと言って必ずリセットできるかどうかは私には分かりません。どちらにせよ幽体で自由に動き回って時空を越えることができるだけの意識の状態が必要になってきますから、幽体で流されるがままぼっと過ごすだけでは来世も流されるがままの人生になるだけかなと思います。であれば、あまり人生のことをどうこう考えるよりは生きている間にできるだけの瞑想をするなり奉仕をするなりして意識を向上させるくらいで十分のような気も致します。



ヨーガのクンダリーニによる健康(同テーマ&時系列の前記事)