エネルギーヴァンパイアはオーラの防御を破ろうと執拗に攻撃してくる


人は誰でもオーラの防御に基本的には守られていて、ある程度までは他人の攻撃に耐性があります。これは特に何もしなくても生まれた時にそれなりに核ができていて、自分と他人を隔てる壁にもなり、一方、防御壁にもなります。

このオーラの防御の壁が破られると、そこからエネルギーが周囲に拡散するようになります。そして、エネルギーヴァンパイアはそのエネルギーを吸い取ります。

エネルギーヴァンパイアは自分で光(エネルギー)を作り出す能力が弱くて、他人から奪わないとエネルギーが足りなくなってしまいますから常に他人あるいは食べ物でエネルギーを補給するわけですけど、食べ物よりも人間の方が高いエネルギーを持っているわけです。ですから、効率よくエネルギーを補給するために他者を執拗に精神的に攻撃してオーラの防御を破ってくるわけです。

一番最初に狙われるのが家族で、兄弟や親あるいは子供がエネルギーヴァンパイアである場合もあって、いじめそれ自体というよりも、実のところオーラの防御を破ってエネルギーを奪うことが(本人は気づいていないとしても)いじめの目的だったりするわけです。いじめることそれ自体の直接的原因は習慣だったり妬みだったり嫉妬だったりと色々ですけど、そのいじめそれ自体はエゴが拡大して起こるものだとして、その結果としては、エネルギーを奪う、というところに行き着くわけです。

嫉妬や怒り、あるいは妬みなどでフラストレーションが貯まるとオーラが歪んだりオーラの中に黒い雲のようなものが増えてきて、次第にそれは厚い雲のように覆い被さって光(エネルギー)から遮断されていきます。実は周囲にエネルギーは常にあって補給できるのですけど補給できなくなるのでエネルギーが枯渇するわけです。悪くなるとオーラが真っ黒なほどに重くなって、他人から大量のエネルギーを奪わないと生きてゆけなくなってしまうわけです。

エゴが拡大して自分のオーラが歪んだりするくらいならまだ可愛いものですけど、オーラが真っ黒になるとかなり危ないです。

そこまで行かなくても中間くらいの場合でも十分に虐めやエネルギーヴァンパイアは発生して、それは人と人との間のエネルギーのレベルの差によるもので、エネルギーが高いところからエネルギーを奪おうという欲求が虐めという形を取り、その結果として、オーラの防御を破ろうとしてくるわけです。

(続きます)