今更ながらレイキの施術者コースを受講 (1/2)

2024-06-11公開 (2024-06-01 記載)
トピック:スピリチュアル: レイキ

レイキ自体は若い頃から知っていたものの、実のところ今まで良い印象を持っていなくて、必ずでもないもののレイキを私が受けると邪気やその人の疲れた気を受け取ってしまい、ヒーリングを受けている筈なのに私が施術者を元気にしてあげている、みたいなことがよく起こっていました。

これはエネルギーの法則として当然のことで、エネルギーは高い(強い)ところから低い(弱い)ところへと流れるので、そうなっていたわけです。レイキをすると施術者も元気になる、みたいなことはよく言われているわけですけど、その本当の意味はというと天(宇宙)からのエネルギーを施術者が受け取ってヒーリングの対象者(クライアント)に与えるわけですけど、上手くない施術者ですとあまり天(宇宙)のエネルギーを上手く受け取ることができないためにエネルギー不足になって、ヒーリングの対象者(クライアント)の方がエネルギーが高い状態の場合、エネルギーが逆流してしまうわけです。

それなりに経験のある施術者であればこのあたりのエネルギーの流れを感じ取ることができますので逆流していることも気づくことができるのですけど、私が受けたレイキの施術者はその辺りに無頓着なことが多く、エネルギーを吸い取られるようなことも多々あって、レイキに関して良い印象を持っていなかったのです。

今回、レイキの施術者コースを受けてみようと思い立った理由としては、ここしばらく続けていたエネルギーワーク的な瞑想がひと段落してきてエネルギー的な感覚が整ってきたために、そのようなことを気にするよりは、自分がうまくエネルギーを使えるようになって見るのも良い、と思ったからです。良い面を学べば、単純に、エネルギーが増大して、大きなエネルギーを扱えるようになる、というメリットの部分が上手く出てくると思ったのです。

そのような理由で数週間前から何日か受講しましたところ、思いの外、大きなエネルギー的な変化がありました。レイキの実習にはアチューメントというオーラの調整のようなものがあるのですが、その度に変化があり、また、演習においても気づきがありました。

(続きます)