幽体離脱したまま肉体に戻れなくなると肉体は白痴になる


スピリチュアルの道を進んでいる人はそれほど心配はないのですけど、肉体と意識の繋がりが切れてしまう場合があります。人間は基本的にロウアーセルフ(自我、ジーヴァ、エゴ)とハイヤーセルフが実は最初からそれなりに繋がっているわけですけど、そうだとしても、あまりにも欲望の道を突き進んだりスピリチュアルをないがしろにして精神を焼き切ってしまうと高次の意識だけでなく低次の意識(マインド)にも繋がれなくなってしまうことがあります。そのような生き方をしてしまうと、最初は高次の意識(ハイヤーセルフ)との繋がりが失われるだけですけど、あまりに酷いと、体と意識が離れてしまったりします。幽体離脱したまま体に戻れなくなったりして、肉体は反応的な生き方をただ繰り返すだけの状態になってしまったりします。

そういう人の状況を外から観察したことがあります。とある人は、どうにもゲラゲラ笑うばかりの快楽的人生を送っていたようです。そうこうしているうちに精神が崩れてきて、最初、不意に幽体離脱してしまったりして、初めはそのことをよく理解できずに戸惑いながら多少漂った後、体に戻っていきました。その人はどうやら、その幽体離脱が面白いと思ったのか何なのか、あるいは、それが凄いことだと思ったのかなんなのか、色々と試してみたようでした。そのうち、意識をずらすと幽体離脱できると思ったらしく、自分がゲラゲラ笑う快楽的人生を更に刺激を強めて身体中全てを快楽に満たせば体から幽体離脱できることに気づき、そうして何度も幽体離脱していました。実のところこれは危険なことで、体と幽体を結びつける「繋がり」が切れかかっていたわけですけれどもスピリチュアルの世界に疎い人はそれに気づかなくて、ますます刺激を繰り返して、急にゲラゲラ笑ったり大きな声を発したりしてその衝撃とショックで幽体離脱していたように思います。とある日、面白いと思って幽体離脱したが最後、何か、不意に放り投げられたというか、体から吹き飛ばされてしまったような感じになったようです。状況が何かよくわからなくて、もういいやと思って体に戻ろうと思っても「バチっ!」と電気のバリアみたいなものが張られてしまって体に戻れなくなってしまったのです。後のお祭りです。その人が自分の体を外から見てみたところ、何やら周囲の人に対して訳のわからない言葉を発していて、白痴のようになっています。周囲にいる人は、その白痴を見てゲラゲラ笑っているようです。

(続きます)