(同テーマ&時系列の次記事)エゴによる自己肯定のループ

自己肯定の2つのループ


愛で生きている人と、エゴで生きている人。

それぞれ自己肯定のループが起こるのですけど、その有り様は全く異なるように思います。一般的な道徳や教養で「自己肯定」は良いこととされておりますけど、エゴの自己肯定ループは悪循環になりがちなわけです。

愛で生きている人は、自己肯定がそのまま他者の肯定に繋がります。自他の区別がない(あるいは区別が薄い)ために、他者をも肯定することができます。

一方、エゴで生きている人は、自己肯定とは他者との区別になります。特に最近テレビやYoutubeで顕著なのがこちらのループで、「拡大解釈(あるいは日本語を間違えて解釈) → 自己肯定できるものが1つでもあれば一点突破する」と言う自己肯定ループが目立つように思います。

愛で生きている人は真実が見えます。

一方、エゴで生きている人は自分の「想像」の世界に生きています。ですから、真実よりも、自分の想像の世界で何がしか自分を肯定できればそれで良いのです。

昔ならこういう人は相手にされなかったものですけど、最初はテレビで「面白い」とされる論舌で人々を混乱させ、その路線を強調したYoutuberが自己肯定のために何がしか自分が正しいと思われる論舌を「それだけ強調」して何度も繰り返し主張し、視聴者が「そうだそうだ」と思うことで一般大衆がそうであると思い込むわけです。

愛で生きていると、そもそも、論舌で自己肯定をする必要すらなくて、そもそも、勝ち負けとかあまり関係ないですし、大切なのは真実であって勝ち負けではないわけです。

愛の自己肯定ループは、自己肯定すればするほど愛が深まって自己肯定も高まります。自己とは他人とほぼ同じようなものですから、自己肯定と他者への肯定とが共に高まって、愛も高まるわけです。そのループがどんどんと続いて、愛が強まってゆくわけです。これが愛のループです。

(続きます)



(同テーマ&時系列の次記事)エゴによる自己肯定のループ